豊胸施術を東京で受けた時に感じたメリットやデメリットについて

一年前、東京で豊胸手術を受けた

一年前、東京で豊胸手術を受けた | 豊胸のデメリットは? | メリットもたくさんあるから要検討

ちょうど一年前に東京にある美容外科で豊胸の施術を日帰りで受けました。
安全な環境の中ですんなりと終わりましたし、あんなに小さかった胸が本当に大きくなったため、清水の舞台から飛び降りる覚悟で初回相談を受けに行って良かったです。
でも全部が全部良いことばかりではなく、少しはデメリットも感じました。
圧倒的に良い結果に終わったものの、気になる点も一応はあったからです。
私が感じたメリット。
まず施術の種類を、お医者さんと相談した上で決められるというメリットがありました。
私はヒアルロン酸を注入する方式を選んだのですが、シリコンバック法も脂肪を注入するスタイルも、希望さえすれば採用してもらえたからです。
一言で豊胸施術と言っても方式が違えば、全身麻酔が必要だったり前日の夜から絶食しなければいけなかったりと、面倒なことも多いため簡単に受けられそうな方式を選べるのは、入院嫌いな私にとって極めて重要な部分でした。
こちらの希望をはっきりと伝えれば、お医者さんはそれに合わせたプランを組んでくれますから、遠慮しないでどんどん自分の意思を表に出したほうがいいということです。

現在主流の豊胸手術はシリコンバッグ豊胸、ヒアルロン酸豊胸、脂肪注入豊胸の3種類。
はたしてどの豊胸術がおすすめなのでしょうか?
デメリットとともにお話しします。
#脂肪注入豊胸  #シリコンバッグ豊胸  #ヒアルロン酸豊胸 pic.twitter.com/GIdaH3kmsZ

— THE CLINIC(ザクリニック) 豊胸 (@THECLINIC_BUST) January 4, 2021

豊胸 デメリット 東京 / 脂肪注入豊胸のデメリット